歯石取り・スケーリングの施術について(KINSWITH動物病院/二子玉川院)

歯石取り・スケーリングの施術について(KINSWITH動物病院/二子玉川院)のサムネイル画像

歯石取り(スケーリング)を行う目的

歯石取り(スケーリング)は歯周病の治療を目的として行われる施術です。歯周病の治療法として最もポピュラーなものの一つであり、軽度の歯周病に対する治療や歯周病の予防として実施されます。

歯周病は愛犬・愛猫にとって避けては通れない病気です。一度発症すると基本的に自然治癒することはなく、動物病院でなんらかの治療を受ける必要があります。進行すると歯を抜くことになるだけでなく、炎症により口と鼻が繋がってしまったり、顎の骨が溶けてしまったり、顔に穴が開くなど重大な症状に発展してしまいます。また近年では内臓にも影響を与える可能性が示唆されています。

アニコム損害保険会社さまの調査結果によると、およそ8割の犬に歯垢や歯石といった歯周病の原因となる要因が見られるとのこと。非常に身近で怖い疾患のため、特に気にかけている飼い主さまも多くいらっしゃいます。

歯石取りの施術例

まずは施術の例を掲載いたします。歯周病はその進行度合いによって施術の内容が異なります。その中で、歯石取りの作業を適宜使用してまいります。

当院の歯石取りの施術について

当院では歯石取り(スケーリング)を行う上で最も大切なことは「その治療効果をいかに高めることができるか」であると考えています。

歯周病は歯周病菌によって引き起こされます。健康な犬猫の歯は歯周病菌が増殖しづらい性質をしていますが、歯石が付いていると歯周病菌の増殖が促進されてしまいます。歯石を取り去り元の健康的な歯に戻すことができれば歯周病菌の数も減り、歯周病の進行を抑えることに繋がります。

そのため、歯石は綺麗に取り去ることができればできるほど、その治療効果は高いものになると考えられます。

人間が歯医者さんで「歯のメンテナンス」と称して行う歯石取りと、愛犬・愛猫が受ける歯石取りには大きな違いがあります。全身麻酔による体への負担や、事前検査や手術による飼い主さまへの金銭的な負担は人間の歯石取りよりも大きなものとなってまいります。

一度の施術で細かな歯石も見逃さず綺麗に取り去る。そんな治療効果の高い歯石取りを行うことは、愛犬・愛猫にとっても飼い主さまにとっても非常に大切なことであると私たちは考えています。

>KINS WITH動物病院 二子玉川本院の診察を予約する

歯石取りの施術の流れ

歯石取り(スケーリング)の施術は3つのパートに別れています。

1.初診

まずはご来院いただき、歯と口腔内の様子を確認します。

初診では目視や打診による診察を行い、歯石の状況や歯周病の進行度合いを確認することで今後の検査や治療の大まかな計画を組み立てます。必要に応じて、頭部のレントゲンを撮影し、仮診断を行います。歯の状態を緻密に確認することで、施術内容は歯石取りのみで問題ないか、抜歯やその他の治療が必要でないかを評価します。

極端な表現をすると、歯そのものを抜いてしまえば歯石は付かなくなりますので、歯周病の進行を止めることができます。一方で愛犬・愛猫がご飯を噛めなくなってしまうなど、これまでと同じ生活を送ることができなくなる可能性があります。

そのためKINSWITH動物病院では初診での検査結果を踏まえ、出来るかぎり歯を残せるような施術を含めた治療をご提案をさせていただきます。飼い主さまのご希望に合わせ今後の愛犬・愛猫との生活を見据えて施術内容を決定いたしますので、お気軽にご希望を頂戴できればと思います。

2.術前検査

歯石取りの処置を行う前に、血液検査をはじめとした各種検査を実施します。これは愛犬・愛猫の全身麻酔によるリスクを評価するために必要なもので、基礎疾患の有無をはじめ麻酔によるリスクがないかをあらかじめ確認するものとなります。

体質や高齢であることを理由に術前検査で「麻酔を行うことができない」という結論に至った場合は、抗生物質や消炎剤やサプリメントなどによる治療を選択します。根本の原因を取り去ることができていないため完治はあまり期待できませんが、炎症の進行を抑えることができます。歯周病の炎症がひどくなると食事の度に痛みが走るようになります。こうした痛みを少しでも抑えるための治療です。

3.歯石取り(スケーリング)の実施

愛犬・愛猫の健康状態に問題がなければ歯石取りの施術に移ります。

全身麻酔の後、マイクロスコープ顕微鏡を用いて一本一本歯のチェックをしながら細かい歯石までとり残さないように処置していきます。麻酔をかけている時間を出来るだけ短縮するために、より効率的に歯石を除去できる超音波スケーラーや、歯周ポケットの細かい歯石を除去するための先端が数ミリのハンドスケーラーなど、部位によっていくつもの器具を使い分け、丁寧かつ手早く歯石の除去を行います。

歯石を取り除いた後は「ポリッシング」という工程を行います。これは施術の最後に歯の表面をツルツルに磨いて仕上げる作業のことで、歯の表面の細かい汚れを除去し、歯の表面をなめらかにすることで、再度歯石が付きやすくなるのを防ぐための処置です。ポリッシングには研磨剤入りのペーストや研磨剤フリーのペーストを用いることで、よりきめ細かな仕上がりになることを目指します。

手術が終わり、全身麻酔から目を覚ましたあとは2~3時間ほど病院で安静にして過ごし、明らかな異常がなければ帰宅という流れになります。特に異常がなければ再診も不要で、これで全ての処置が終了する形です。

使用する設備

歯科レントゲン

犬猫の歯科治療には必須の設備です。通常のレントゲンよりも画素数が多く口腔の詳細まで確認できるレントゲンで、歯の神経の状態や歯周病の進行状況を確認することができます。これにより適切に歯と歯茎、それを支える歯槽骨の状況を把握することができ、抜歯が必要かそれとも歯を残した治療を行うことが可能かを選択することができるようになります。

マイクロスコープ顕微鏡

肉眼では確認できないレベルの細かい歯石が確認できるため、歯一本一本を丁寧にクリーニングすることが可能となります。元々は人間の眼科や脳外科での治療に使われていた設備を口腔用に改良したもので、丁寧で細かいクリーニングが可能になるだけでなく、周囲の組織を余計に傷つけることなく処置することも可能です。マイクロスコープは人間の歯科でも導入院数が少ない設備であり、動物病院においてはさらに少数の病院のみが使用している設備です。しかし、使いこなせれば治療効果を最大限に向上させることが期待できるため、KINSWITH動物病院では積極的に導入し施術に当たっています。

超音波スケーラー

歯石取りは主に先の尖ったフックのようなものがついた「スケーラー」という器具を用いて行います。スケーラーの中でも細かく振動することで歯石を取り去る器具のことを超音波スケーラーと呼びます。従来の手動のスケーラーと比べ、スピーディに歯石を取り去ることで施術の時間を大幅に短縮することができるため、全身麻酔下にある時間をより短縮することができ患者さんの負担を下げることができます。加えて歯周ポケットの中など器具の動きが制限されるような部位でも歯石を除去することが可能です。

KINSWITH動物病院では歯と患部の状態に合わせて複数種類の超音波スケーラーを使い分けて施術に当たっています。

施術費用

術前検査と合わせ、歯石取りの施術だけであれば100,000円ほどとなります。

患部の状態に合わせて抜歯やその他の治療が必要になる際は、施術内容に合わせて金額が上下します。

お支払いの際には加入されているペット保険が適用できる場合があります。予防を目的とした歯石取りなのか、歯周病の治療を目的とした施術であるかにより適用条件が異なりますので、事前に保険会社さんへ確認を取ることが重要です。

>KINS WITH動物病院 二子玉川本院の診察を予約する

無麻酔による歯石取りについて

病院によっては無麻酔での歯石除去を行っているところもありますが、KINSWITH動物病院では無麻酔での歯石除去には対応しておりません。患者さんの中には体質により麻酔を使用することができない方もいらっしゃいますが、そうした方には抗生物質による治療をご案内しております。

基本的に安全や歯石取りの効果の面から、無麻酔での処置はおすすめしていません。麻酔をかけずに奥歯や歯周ポケットなど隅々まできれいにすることは、難しいと考えています。見える範囲の歯石を除去したことで改善が見込めることもありますが、もし歯周ポケットなどの見えない部分に歯石が残っていた場合、細菌は繁殖し続け、また悪化してしまう可能性が高いと思います。

また、無理に歯石を削り取ることで歯の表面に細かい傷が付いてざらざらになり、歯垢が付きやすくなります。犬猫にとって痛みや恐怖などのストレスが大きく、口を触られるのを嫌がるようになることも考えられます。

全身麻酔と聞くと、麻酔事故などのリスクを心配する飼い主さまもいらっしゃると思います。確かにリスクはゼロではありませんが、現代の医療技術や設備において、健康な犬猫が全身麻酔で命を落とす可能性は、自動車事故で怪我をする可能性よりも低いとされています。また、術前には血液検査を行ない、健康状態に問題がないかを確かめます。麻酔をかけることで隅々まで歯石を除去することができて、犬の痛みや恐怖などの負担も減らせるのです。

治療を行う動物病院を選ぶときに

歯石取りの処置は愛犬・愛猫の状態によりその工程が異なります。

  • 歯周病などの疾患を併発しているか
  • 歯を残すことができるか
  • 麻酔に対するアレルギーがないか
  • 持病がないか

施術の内容によっては、設備により対応できる病院とできない病院が存在します。また、体調や症状によっては歯石取りそのものを行うことができず、内服薬による治療を行うケースもあります。

特に、歯周病を併発しているケースではその重症度次第では抜歯を提案されることも少なくありません。確かに、歯周病は歯石の付着による歯周病菌の増殖により発症するため、歯石がつく原因である「歯そのもの」を抜いてしまうことは有効な対処法であることに間違いはありません。

一方で、食べ物が噛めなくなってしまうことは愛犬の毎日の楽しみを奪ってしまう可能性があります。もし歯を残す治療を希望する場合は「歯科レントゲン」をはじめ、歯と歯茎の状態をしっかりと確認できる設備のある動物病院を受診することが必要です。

もちろん抜歯が必要になる前に歯石取りの処置を行うことがベストではありますが、もし抜歯の必要が出てきてしまった際には、希望を捨てず上記のことを思い出していただけますと幸いです。

>KINS WITH動物病院 二子玉川本院の診察を予約する

よくある質問

Q:歯石取りはどれくらいの頻度で行うべきですか?

A:当院では1〜2年に一度を推奨しています。歯周病が発生し炎症が歯茎だけでなく骨まで進んだ場合、炎症が落ち着いても骨を元に戻すことは非常に難しいため定期的な処置で予防することが非常に重要となります。歯周病が進行している場合は、3〜6ヶ月後に再処置が必要なケースもあります。

Q:KINSWITH動物病院の施術は他の病院の施術と何が違いますか?

A:まずは施術で目指すところが異なるケースが多いです。歯周病の治療を行うことはもちろん、その上でできるだけ抜歯を行わず歯を残すことを目指して施術を行います。また、そうした施術を行うために必要な特別な機器を導入しているところも違いの一つです。

Q:口臭があるのですが歯石取りで改善しますか?

A:口臭の原因はいくつかありますが、歯周病が原因であることはよくあります。歯周病を原因とした口臭が起きる場合、増殖した歯周病菌が食べ物のカスを分解するときに発生するガスや、炎症を起こした組織からの出血により「生ゴミのような腐敗臭」を感じます。口臭の裏には歯周病以外にも重大な内臓疾患などが隠れている場合がございますので、一度診察を受けることをおすすめいたします。

Q:初めての歯石取りは何歳ごろに行うべきですか?

A:3歳になる頃には一度診察を行うことをおすすめしています。歯石の付き方や歯周病の進行度合いは、愛犬の体調や生活習慣、歯磨きの有無などによって異なります。そのため、中には歯石の付きづらい子もいることかと思います。しかし、一度歯周病を引き起こしてしまうと治療を行っても元の状態に戻らないケースがありますし、歯石はあまり付いていなくても重度の歯周病を患っているケースもあります。アメリカにあるガイドラインでは、1歳以上で年に1回の処置が推奨されています。状態にもよりますが、とにかく早めの診察が必要であるという点で、3歳ころまでに1回目の歯科処置を行うことがおすすめです。

Q:老犬の治療も可能ですか?

A:もちろん可能です。通常の施術と同様に、術前検査を綿密に行い全身麻酔を行うことができると判断されれば麻酔による施術を行います。もし麻酔を実施することが難しいと判断された場合は、歯周病によって引き起こされている症状を緩和するケアを実施します。例えば、炎症が進んでいる場合は食事を噛むときに痛みが出ますので、炎症を抑えて痛みを取り除き、いつも通りの食事ができるようになることを目指したお薬による治療などを行います。

>KINS WITH動物病院 二子玉川本院の診察を予約する