専門皮膚科

対症療法だけではなく、
体質やご家族の考えに向き合い、
満足いただける治療を一緒に歩みます。

皮膚疾患の治療・予防を行います。
皮膚のお悩みは、原因が複合的なことが多く、特定が難しいと言われています。だからこそ、当院では要因を絞るための検査を行い、根拠をもって適切な治療方針をご提案します。
また、長い期間付き合う症状だからこそ、常在菌レベルで体の根本に向き合い、お薬を減らしていく治療も行っています。

こんなお悩みありませんか?

  • お腹や背中を痒がっている
  • 皮膚や毛がベタベタする
  • お腹が赤い
  • 皮膚が黒くなっている
  • 手足を舐めたり噛んだりする
  • 顔をよく床にこすっている
  • 毛が抜けてしまう
  • お腹や背中にぶつぶつがある
  • かさぶたができている
  • 毛艶がなくパサパサ
  • フケが出る
  • 皮膚がゴワゴワ
  • かゆそうで夜に眠れていない
  • 体臭がする
  • べたついた耳垢が出る
  • 頻繁に頭を振る
  • 耳が赤い
  • 耳をよく床にこすっている

TREATMENT EXAMPLE 治療方法

治療例01アトピー性皮膚炎

比較的若い年齢で発生する、しつこいかゆみが見られる疾患です。
遺伝や皮膚の構造異常、環境アレルゲンなど、複数の要因が関与していると言われていますが、まだ解明されていない部分もあります。
かゆみなどの症状に対して、生涯に渡る治療が必要になることがあります。投薬だけでなく、常在菌のケア、ライフスタイルの改善も含めた治療を提案いたします。

治療例02膿皮症

皮膚バリアのバランスが崩れた結果、細菌が感染し、炎症を起こした状態です。
皮膚バリア機能を整えるケアやシャンプーにより皮膚を清潔に保つことで治療を行います。
皮膚の深部まで観戦している場合や、難治性の場合は、抗生剤など内服薬を併用した治療を行います。

治療例03真菌症

真菌(カビのなかま)が皮膚に感染した状態です。糸状菌やマラセチアが一般的に知られています。
真菌の場合も、膿皮症と同様に皮膚を清潔に保つことが重要です。
真菌には抗生剤が聞かないため、抗真菌薬を使って治療する場合もあります。

治療例04疥癬

ヒゼンダニというダニが皮膚の中に寄生することで発生します。
強烈なかゆみを引き起こし、皮膚が岩のようごつごつした状態になることがあります。
皮膚を削って、ダニを探すことで診断し、ダニ用の薬を用いることで治癒します。

治療例05脂漏症

皮膚バリア機能が低下し、皮膚のバランスが崩れた結果、皮膚が乾燥し、脂っぽくべたついた状態になることです。
皮膚常在菌であるマラセチアは脂を好むため、異常に増殖し、かゆみを伴う皮膚炎など感の皮膚疾患の原因となります。
シャンプーで清潔な状態を保ち、保湿することで皮膚バリアを守るようにしましょう。

治療例06外耳炎

アレルギーなどで皮膚バリア機能が低下している場合などに、耳においてマラセチアや細菌などが増殖し、炎症を起こした状態です。
耳が垂れた愛犬や夏場に多い疾患です。
ほかの皮膚疾患と同様に原因となるアレルギーなどをケアし、耳を清潔に保つことが重要です。
耳の洗浄や液体状や軟膏の点耳薬を用いて治療します。

OUR VALUE 私たちの特徴

VALUE.01

皮膚科経験の豊富な獣医師が
ご家族に寄り添います

皮膚疾患は悩んでいる方が多い反面、原因が複雑に絡み合う難しい症例が多いです。だからこそ専門的な知識や経験が必要になります。
当院では、皮膚科をメインに診療を行っている獣医師が在籍し、豊富な経験をもとに治療を行います。

VALUE.02

常在菌観点から予防をすすめる
ライフスタイルケア

当院では、皮膚の細胞診などの検査のほか、アレルギー検査や皮膚病理検査も行います。その検査をふまえて悩みの原因をできるかぎり絞り込み、より適切な治療方針を明確にします。
実は皮膚の検査では、簡単な検査でもやり方によってサインを見逃してしまうことも多々。当院の獣医師は、過去多くの皮膚症状を診てきたことで、より正確に診断することができるのです。

VALUE.03

お薬だけの治療ではない、
幅広い方針から選ぶ

診断に合わせて、お薬のみではなく、スキンケアやサプリメント、お食事など生活習慣からの治療も行います。
ご家族の意向を丁寧にお聞きしながら、みなさまに納得・満足いただける治療を一緒に行っていきます。

DOCTOR'S PROFILE 獣医師のご紹介

獣医師

竹尾記子Takeo Fusako

東京都内、関東周辺の複数の動物病院にて皮膚科診療を行う。

[所属学会]
日本獣医皮膚科学会, アジア獣医皮膚科学会,
動物行動学学会, 獣医アトピーアレルギー学会
[経歴]
2015年:麻布大学卒業
2015年〜:東京農工大学 皮膚科研修医
2020年〜:JSAMC 皮膚科研修
2021年〜:麻布大学 生理学第二研究室 博士課程
[発表]
日本獣医皮膚科学会ポスター発表
アジア獣医皮膚科学会口頭発表
日本獣医皮膚科学会口頭発表